パソコンやスマホの使いこなしガイド

パソコンやスマホでOCR技術をベースとした名刺情報のテキスト化をしてクラウドにデータを上げて名刺管理を行う

パソコンやスマホの使いこなしガイド

パソコンやスマホで名刺情報を取り込みクラウドで名刺管理を行う

名刺管理をおろそかにしてしまうといざと言うときに人脈が活用できず悔しい思いをします。
なんとか手間をかけずに管理する方法はないものでしょうか。まずは電子化することが名刺情報の活用の第一歩です。

電子化しなければいざと言うときに、さっと情報を引き出すことができません。なにより名刺というモノでなくなることが最大のメリットです。

モノの状態で置いておくとかさ張るし持ち歩かなくてはいけなくなりますよね。電子化してクラウドに保管しておけばパソコン、スマートフォン、タブレットなどいろいろな端末から閲覧できるので、特別に情報を持ち歩くことすら必要なくなってしまいます。
このメリットを活かさない手はありません。電子化の問題は入力の手間です。

いちいち手入力でパソコンに打ち込むのもありですが、面倒な人はOCRという手段を活用しましょう。

OCRとはスキャナーなどで文字情報を読み取って、そのままパソコンでテキスト情報に変換する作業のことを言います。
手で打ち込む代わりにパソコンが自動的にやってくれるのです。

カラクリとしてはグラフィックスとして読み込まれた文字1つ1つをパソコンの持つ文字フォントの何と一致するかを当てはめていって、当てはまったらその字をテキスト情報に置き換えるというプロセスを高速で繰り替えしてしまうのです。

そうすることで手入力の手間が省けます。
最近ではスマートフォンのカメラで名刺を撮影することでOCR処理をしてテキスト情報に変換するアプリも登場しています。
原理はまったく同じ事をしています。

パソコンやスマートフォンで名刺情報を取り込んだらクラウドに情報を上げて、いろんな端末で情報を共有できるようにしましょう。そのためにはデータのフォーマットをいろんな端末で使えるように考えておくことが必要です。

それぞれ違う端末から検索とかも利用できることを可能にするデータ形式を選びましょう。クラウドを介することで活用の場は広がります。

おすすめリンク